スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsHollowmellow戦 感想

ラウンドの細かい流れと言うより、自分がvcの設定missをしてて
後ろのスピーカーの音が駄々漏れになり報告等が行ききらなくてカバー等が
全然取れていなかった。

試合の中での感想は上の事を抜きにすると、kasumiさんとyukishiroさんが調子が悪く
1stKillを取られる展開が多かった。
このmapは自分的にはT有利mapだが、練習試合ではほとんどCTで悪くて5-4で取れていたイメージはあった。

が、前半4-5, 
1stKillを取られる事もそうだが、内は何よりも報告と連携を意識していて、
取り返しもきちんと連携をあわせるのが普段だがそれがまったく出来ず
一人一人勝負してやられてしまう結果が何ラウンドもあった。
そこをいつもどおりにやれてたらもっと+だったのだろう。

T側は相手に最初に引き分け確定まで持っていかれたが、個人的にはまったく問題無かった。
A攻めをして全部結果を見れば負けている。
が、相手の配置が初動A2+が確定して、なおかつBに対してのPushが無かったから、
B攻めが有効と言うのは引き分け確定される2ラウンド前のラウンドですでに把握をしていた。
最悪引き分け確定されたラウンドは流れで取りたかったと言うのが本望だが、
どちらにしろこれで相手の初動の動きが分かった事により、
Bトン、ホテルを使った早めのB攻めとAにfakeを入れつつ緩急をつけてBを攻めれば全ラウンド取れる
確信はあった。

後は今大会1回戦から分析していて、内も含め全チームB守りが弱い。
つまり研究されつくしてないと言う事だ。
FBを返されても展開力で裏部屋 旧CTを封鎖すれば取れる。
ホテルもブリッジもEEの用には守れない。
Bトン出口とB前での守りを敷いてくるチームもいない。
明らかにB攻めが一番効果的なのだが、ラウンドのとられ方を見て、
序盤でBをせめてしまうと現段階での自分の指揮構想能力では読みあいが難しく、
出来るだけ振ってからのA攻めで取りたかったのだ。
それでAは一度も勝てなく引き分け確定までもって行かれたけれども構想としては間違っていなかったと思う。
結果は引き分けでkill差で勝利。

普段通りの実力がもっと出せていれば なお良いスコアになっていたと思う。
やはりこのゲームはCSと違いラウンド数が圧倒的に少ないので
指揮をする時にどういう風に読むかが重要で、なおかつ難しい
1回A攻めた時A4とかやられていたのと、ラストラウンドもB5だったけれども
そういう奇策に対して対策するのが非常に困難だなぁと感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。