スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残すmapの考察

残りがSTB portになりましたね。

試合をすればするほど良くなっていく事と良かったものが崩れてくる現象が起きて来ています。
つまりは対策されている。改善出来ている。と言う事なのでしょう。

どれだけ親しいチームでも、どれだけ知らないチームでもこのゲームはリプレイが必然的に取れてしまう
以上 見られてないと言う過信は絶対に行けないなと、指揮官から言うと
本来はリプレイを見て対策しなくても試合のその場でベストに近い対策を立てられなければ行けません。

CSでは海外のdemoがあるので頭に作戦のパターンや派生などを入れた状態で指揮が出来るので
初見の作戦が来てもある程度対策する事は容易に出来ます。
が、このゲームでの自分の知識の低さを考えれば非常に難しい。

見て対策すれば当然 見ないで対策を立てるよりより良い結果が生まれるのだが、
恐らく相手の情報は皆無 つまりは自分でもっと知識を出来る限り付け、その場で対策できるようにしなくては行けないね。

前の講座でも説明したけど、mapの構想 指揮と言うのは色々なタイプがあります。
std中心に相手に対して対策を立て実行する。 自分達の前提の全Rの構想を基に自分達の動きが前提にあり、
それに対して相手に対策させると言う指揮の仕方などがあると思います。

恐らく今自分が出来てより良い指揮は後者でしょう。

が、自分達のチームの元々のスタイル等もあるので中々難しい。

その辺を毎日考えている感じですな。

stb portに関しては明確に今一番きちんと熟練させなければ行けない箇所が見えてきているので
その辺をまず修正する所からやって行きたいと思っています。

ぶっちゃけ考察じゃなかったですねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

barusaさんは指揮する上で何を意識してますか?
ここは一番理解しておかないといけないって事はありますか?
プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。