スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講座 明確な理由

僕が一番嫌いな事があります。
それは明確な理由が無い考え、意見などです。

FPSにおいて、動く事に対する各個人が抱く構想、思考、意図などが上級者は必ず持っています。
が、それは上級者は皆同じでは無く1プレイヤーまったく違った事を考え行動してる訳です。
それが100パー正しいとも100パー間違ってるとも言えません。
ただ、そこにどういう考え、意図があり、それに対して受け手はどう考え、思うか、
これがチームの話し合いなどにおいて重要な部分になってくると思います。

確実に実力差が存在する場合はそれを論破できる意見が当然存在し、同じレベルになればなるほど
あくまでも考え方の違いに結論が達するのです。
その時にチームのスタイルとしての議論になるわけです。

個人を尊重する事も大事であり、それを認めた上で、チームとして自分達のチームはこういうスタイルなのだから
その行動は間違っては無いが、この行動、選択肢が正しいと結論に至ると思います。

Twistが言っていました、Naviの講座の動画で指揮官のZeusが味方を指摘した時に結果それにより負けた
その動きはチームプレイとして成り立たなかった、だから間違っていると言う問いに対して
結果負け、ラウンドすらも負ける原因につながってしまった訳だからそれを素直にメンバーは認めたのだと。

つまり、自分の動きは上級者であればあるほど考えがあり、ひとつの考え方として間違ってはいないでしょう。
しかし、それよりもこういう動きをする事により連携が取りやすく勝利につながったのでは無いか?と言う
チームスタイルの理念に基づけば、それが正しいと僕は思います。

良く俺とTwistもお前のこの動きは間違っててこうするべきだろ!ってお互い良く討論をしていました。
が、他のメンバーからもどちらも間違っていないと、ただチームとしてこうするべきと言う結論の元
俺が悪かったりTwistが悪かったりと話し合いにおいて解決してきました。

もし、ここで相手の意見、考え等が間違ってる。または自分の考えは絶対間違ってないって
なってしまったら話し合いなど一向に解決しません、相手は自分と同じレベルであり、
まったく別の意見と言う事は自分にいままで無かった新しい考え方=自分にとって+と考えるべきです。

これが話し合いの一部だと僕は思いますが、前提として考え無しに結果論だけで話を進め、その仮定などを深く考えずに発言する人や、自分の意見を一切曲げない人は嫌いです。

むしろ上で言った事は昔の僕でした、そういう部分に気づけてから進歩した自分も勿論経験しているからこそ
今になってこう思うんだなと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。