スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講座 当たり前に捉われては行けない。

どのFPSでもある程度共通して言える事な気がするけど例題としてはCSで。

当たり前の行動ってあると思うんだけど、
例えば、Dust2 Long CTで二人で取りに行く物って言う一つの考えがあると思う。
今や日本でも色々考えないと行けなくなったけど、
正直昔の日本だったら二人で取り行って何の問題も無かった。
むしろ二人でHE投げ込めばもう敵こないって思考になって一人で取り行けるって思考になった。
海外のWeMadeFOXと練習試合をした時に、二人でいつもどおりの行き方をしたのに
全て潰された。 それが今は当たり前になってるMYMだ。
日本でMYMを使う用になったのは俺がnegitakuのダイアリーか何かで書くまでは
見た事も無かった。
何故MYMかと言うと最初にそれをやられたのはFOXだったが、
当時の自分のチームにFOXとかeSTRO関連の作戦が多すぎて、MYMも使ってたからMYMにしようってなった。

そして、プロでも二人で当時は普通に取りに行ってる事が多かった。

それからすぐhltv.orgでdemoを探してTOPチームを見てみたら、MYMが出来た瞬間
ほとんどのチームがlongは三人で取りに行くか、fnaticのT字からのFBか、
CATとセンターをプッシュしてlongをあけるような布陣が多かった。

これに関して、自分は海外のdemoも当然見てたけど、この時始めて
longに対してこれだけの数を掛けてた当初の意味をやられて分かった。

そのお陰で、色々な今までの当たり前の行動に対して、同じようにもしこうやられたら
厳しいのじゃないか、もっとこうした方が良いのでは無いか?

そういう考え方が出来るようになり、それはプレイ面じゃなく、考える面で
考えたとおりプロのdemoを見たときより自分のイメージが現実的になって行った。

が、FPSの難しい所がどれだけ頭に入ってても見た物と実際にやられた物の差は埋められない。

だから結局は経験が必要なんだけれども、少なくとも日本上位を目指す上ではその相手と
対戦出来る訳だから、練習になる事も多いと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

FPSでAIM力が向上する『勝てる』マウスを紹介します!
オートマウスの左側ボタンを指定した速度で
自動でクリックするFPSマウスです。
価格は送料別4,900円。。。
詳しい機能などは下記のホームページを参考にして下さるように願います。

www.automouse.jp
プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。