スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AECの全て part1 チーム結成編

当初俺はCSから1年以上も離れ、CFで日本代表になりWCGに参加したり、
その後SF2サービス開始で日本TOPクラスのチームを居たり、
色々と活動していた。

AECの話が出て、俺はNoppoさんとかに頑張って欲しいと思っていたけど、
Noppoさんから出るでしょとの誘いが来て、
俺自信元々ゲームセンスが無い為に一度かなりの時間を離れたCSで
もう一度全盛期または全盛期以上の力に戻せるのかかなり分からなかった。
が、説得したらRappyも出ると言いstabaも参加した。
後1をどうするかってなった時にSion Twist Monohonあたりじゃないと厳しいって話になってたと思う。
でもSionがいないと厳しいってNoppoさんは言って、相手でやった俺もそう思った。
当然当時俺とSionには外の人にはわからないであろうほどの一緒のチームになるのはありえない
位の状況であった。

そして俺がSionに今までの事を謝罪し、一緒にやりたいと言ったが、彼曰く
Noppo Sionは上 Rappy staba m@ruは中 barusaは下と言われた。
中を教えるのは簡単だが下は無理と言われた。
その時の俺の実力はN2Cでもフラグが取れないほど劣化していたので仕方ないと思う。
後は回りの評価が良く無いのもかなり大きな要因といわれた。
そして妥協するならSPDの方が言いといわれこのチーム結成はもう無いなと思いTSを後にしたら
数分後他の人との話し合いにより妥協したらしくこのチームが結成される。

自分は昔一度で良いからNoppo Rappyと世界の相手と戦ってみたいと思っていたので、
妥協してくれたならそれでも構わないと思っていたし、後は必死に練習するしか無いと思った。

彼は確かに強いしこのチームが結成される時は彼がリーダーなので
彼に従いプレイするのがメンバーの役目だと思っている。

そんな際どいラインの中でAEC優勝までのUNITEDと言うチームは結成され、
練習が始まって自分自身不安な部分も沢山あったが、Sionはチームになってからは
チームリーダーとしての対応をしっかりしていたし、
何か邪険な扱いもされた訳じゃなく、ゲーム内ではきちんとしているんだなと自分自身は理解して行った。

part2へ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。