スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF2講座 KS KJ

はい。 
AXが使っているテクニックを紹介します。
多分他のクランも使ってると思います。

KS(KoreanStyle)
barusa杯のタイムシフトとか見ても分かりやすいけど、
1回戦AXvsReductionでのSogekivsReductionの誰かの部屋周りの1on1かな。
既存のFPSの決め撃ちのスプリントを応用したテクニックで、
普通の決め撃ちだったら横移動して、出た所にAIMを合わせ撃つと言うのが一般的だが、
SF2の場合は、壁に対して斜め前にダッシュ、出た瞬間に決め撃ちをして、した時には
殺しても殺して無くても壁に逆の斜め前ダッシュで戻る。
または、
相手を打たせたり確認ならば相手が見えるまで出ないで、どれだけの距離を出たら
相手に体がどれだけ見えるのかを研究してやると良い。

あまり細かくは書かないが、これは壁との距離や、その他もろもろ色々研究して分かる事が多いので
その辺は自分達で研究して頂きたい。

このテクニックはSF2において必須テクニックであると思っている。

これにはまだ隠された秘密が色々あるが、プロリーグ等を参考にしつつ模索中の段階なので、
今はこれだけ。

KJ(KoreanJump)
KJとか言っているが、これはKSもしかりだが、AXにおいてはKS or KJをする時に必ず
報告を取っていて、Jumpとか決め撃ちやらなにやらって言う位なら短文ですむKS KJに
しただけである。

KJもbarusa杯タイムシフトを見れば分かるが、複数でどこかを攻める時、敵と交戦するポイント
において必ず先頭はJumpすると言う事。 簡単。
が、これもJumpの距離で、飛び出して、Jumpの滞空時間が大事な場所なのか、
Jumpして相手が見えたときには着地して打ち合える状況且つ味方とかぶらない状況を作るべきかで
Jumpの仕方が変わってくる。 自分はスプリントがあるゲームは今回が初めてなので、
まだ研究段階。

今回の大会でこのテクニックを知っているクランも知らないクランも配信を見た人は
あれかって思っていると思うし、知らない人は見直せば分かると思う。

結局動画があがるだけで作戦からテクニックなんてものは
すぐばれて、どれだけばれた時既に新しい技術や作戦を編み出しているかが重要だと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ふと思ったんですけど、
よくその顔と体型で自信がもてますね

ブログに顔載せるとかやばいですって、、、、

No title

seriさんへ
自信なんて持ってないっすけど
自信がある人しかblogに顔載せちゃ駄目なんですかね?

No title

KSF2のproleagueはどこで見れますか?

No title

はじめまして。
SF2の戦術、面白いですね。
自分は野良専門で下手なので参考にはなりませんがw
こういう情報は出せるものはどんどん出してプレイヤーの技術の底上げになれば盛り上がってくるのではないでしょうか。
これからも小技なんか紹介して頂ければありがたいです。
プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。