スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講座 試合中に、練習中に、xxxに考える事と言う意味は

試合中に考えて動くってどういう事ですか?って質問があったので、配信でも答えましたが、
面白かったのでblogにも書きたいと思います。

考える事と言うのは非常に上達する上で重要な事で、
この状況において、何が最善かってのは、試合中よりも試合終わって見直して考えた時の方が
より良い案が浮かんだりします。
それが一つ一つの知識となって、試合でも最善の選択肢が取れる訳です。

1+1は2って暗算で簡単に出せますよね。
でも42+74って言われたら1+1よりも多分考える時間が少し長いと思うんですよね。

これと同じで、試合中というよりも本番は基本的に考える場面と言うのは相手に対しての対策や、
指揮官としてとか、そういう風な場面で考える事はありますが、自分の動きの中で考えると言うのは
恐らくほとんどのTOPプレイヤーが感覚なのでは無いでしょうか。

つまりは、皆1+1や2+3の用に暗算で動いているのです。

上級者と中級者、初心者においての違いは、数学で表すと、どこまで1+1と同じレベルの速さで
難しい暗算が出来て、試合中その状況に陥った時に暗算で動けるか、だと思います。

クラン戦なんてのは基本クランの連携、作戦等の動きの練習になるので、
自分が思うに一番重要なのは、混合だと思っています。

混合や紅白が唯一自分の個人技を試合の中で試せる場や練習する場なのです。

後一つ面白い事を言うと、大抵今言った暗算ってのは、皆同じ人間なので、
知識自体のレベルに差があれば別ですが、ある程度ちゃんとdemo等もみてる人ならば、

上級者でも中級者でも恐らく計算する能力自体は一緒だと思ってます。

つまり、考える事自体は同じレベルなのでは無いのかなと思ってます。

単純にそれが早いか遅いか、 って事はもっと練習して、もっと試合して、もっと考えれば
すぐ日本で上位なんて行けるんじゃ無いでしょうか。
努力してる人は、monohon sphere stabaの用にすぐ上級者になれると自分は思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。