スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛燕Vault Edition レビュー

タイトルの通り触った感想を書いていきたいと思います。

自分は元の飛燕を触った事が無いのですが、
VaultEdition(VE)は普通の飛燕とすべりが違うって良く聞きます。

滑りは滑らかな感じ。
初動は抵抗が無い。
止まりは、1テンポ置いて止まるイメージ
止めたいって思って止める時に一歩先で止まる感じなので、
自分は逆に1テンポ速めに止めてイメージどおりに止まるようにしています。

最近パッドを使ってて重要だと思うのは、動かす初動に抵抗が無い事。
自分の思うように止まる事だと思っているのですが、

例えば前に使ってたQCKHEVYを例に挙げると滑らないんだけど、初動に抵抗があって、
そこがネックだった。 でも滑らないからそれで良いやと言う様な意識で使っていました。

VEの場合 初動に抵抗が無いけど、逆に止まりに1テンポおく必要がある。
これに対して自分なりに追求した結果

CSの場合自分はクリアリングをする時に気持ち1ミリ単位でマウスを動かしてHSラインを調整する
クリアリングをしていました。
逆にCFや、出て撃つのが強い(走りうち、飛び出し)が重要なゲームでは、
一番大事なのは恐らく初動の動きなのだと思います。

もちろんCSやCSOでもごく普通にAIMをあわせるだけならまったく問題は無いと思います。

なので、CFを初めてからマウスの動かし方等の考え方も前とは大分変わり、
その環境において自分が一番重要視している初動に抵抗が無く、止まりも今までの感じと
若干変えて1テンポ速めに止めるだけで止まるVEは相当評価が高いです。

1個前に使っていた疾風とどっちが良いんだろうって個人的に考えていたんですが、
正直自分はどっちも合いました。

が、疾風でCF CSOの国内大会において1位と言う実績を残した事に対して、
あまり変えないほうが良いのかな?って言うのも本音なんですが、
使っていてあまりにも違和感が無く使えているのでこのまま試してみようと思います。

後の問題は飛燕の普通のverとの違いだと思うのでYamatoN等に聞いてまた
追記できたら良いとおもっています。

結論的に言うと、Artisan すみませんでしたってのが事実です。
こんな事言っていいのか分かりませんが、正直一番最初の頃sofの商品で貰って
使った時滑りすぎて微妙だろ!って感じで投げ捨てた事がありました。。。でも今思うと
Artisanの布パッドの自分が押す最大の良い部分は、湿気で滑りが変わらない所。
QCKとか使ってたときはこれに一番悩まされました。
大会で滑り変わって困った事もいっぱいあったw


今では多分今後マウスパッドはArtisan製品しか使えなくなるんじゃ無いかな~とか思ってます。

とりあえず自分がガチで使用したArtisan製品のマウスパッドの自分視点での順位付けをしてみたいと思います。

1位
疾風 Lsize SOFT
言わずもがなこれのお陰なのか知らないですけど
去年自分がFPSタイトル2冠出来た証です。
レビューは前の記事とかでも書いてあると思います。
2位
飛燕Vault Edition
正直今使っていて1位と同格と言っても過言では無いが、
やはり大会で結果を残したって事で2位にしました。
相当気に入ってます。
3位
紫電 Lsize XSOFT
このパッドは、布パッドとはまったく違い、
プラパッドとも違う。
滑るし止まるパッド。(謎)
滑るのに止まるって理解出来ないですよねw
Vaultメンバーでも紫電を使っているプレイヤーはいて、
自分は元々布派だったので、結局布にしたんですけど、
もう一度試しても良いと思う位良いパッドだとおもう。
4位以降に関してはまだ使ってないパッドばかりなので書かないと言う事で、
自分が使った3種で順位を付けてみましたw

まだ隼はCFの大会等とも重なりまだ使ってないので、早めに使ってレビューしたいと思うので
お待ちください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。