スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講座 チームプレイと個人プレイの線引き

さて、これからは講座の頻度が少なくなっていくと思います。
自分はCSとかCSOの時なら日本なら自信があったのですが、
CFの場合話が変わってあまり出したくないので
伝えても問題の無い講座の範囲になってしまう事をご了承願いたい。

今日の講座はタイトルの通り

チームプレイの中の連携と言う事を意識してやると、
少数戦等において、味方と合わせようと思いますよね。
例えばこの時、自分達CT側で相手が3-4とかいて、状況にもよりますが、ポイントを制圧
している所だと。 
自分は敵に近い位置にいて、味方は完全に逆サイドにいると仮定しましょう。
じゃあここで連携を意識したら味方を待って2-4と言う状況でいかに有利に戦うかと考えますよね。
でも、相手が同等,TOPレベルになると、基本的に2-4の取り返しは相手のHPが瀕死等の
こちらにとってのアドバンテージが無い限り勝たせてくれません。
この場合、一番敵を殺せるチャンスがある状況は、敵がポイントを制圧して、有利な位置取りをしようとしてる
2箇所に分類されるのです。

と、言う事はこの場合において、連携よりも個人技にて、近いほうが敵がポイントをクリアリング+
設置後位置取りをするタイミングをついて殺す動きをして良いでしょう。ここでうまく行けば
1削って2-3 2削って2-2または削って死んで1-2とかなら、先ほどの2-4の状況よりも
取り返せる可能性が高いです。

重要な事は、連携を取って取れる確率論と、個人技において取る場合どれだけ敵を殺す
チャンスを確率論的に作り出せるのか、今の場合だったら複数の殺し方があり、その中で
おきうるチャンスが2個も3個もありますよね?
この場合連携を取って殺しに行こうとしたら、基本正面か裏か、どっちにしろ敵複数に対して二人なので
チャンスとはいえません。
説明が下手かも知れませんがこれで理解してください。

こんな感じで、簡単な例でしたが、チームプレイを優先する場面と個人プレイを優先する場面の線引きが
上手く出来るようになるとまた、一段と強くなるのでは無いでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

絵があると嬉しいな(はぁと
プロフィール

barusa

Author:barusa
Team:

お勧め商品等
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。